2017/01/31

検査





今日は採血とCT撮影のため築地がんセンターへ。


昨日午後原因不明の高熱が出た。


その後大量の発汗で高熱は治まったが、今日は体力的にかなりキツい。



検査結果はさしあたり進行している病巣は無く落ち着いているということ。


どちらかというと治癒に向かっているというのを期待したがそんなに甘くはなかった。












2017/01/27

ホムス




最近は豆系の食べ物を以前よりも頻繁に食べている。


インドでも色々な料理で使われるひよこ豆は豆界のスターだ。



高級料理からジャンクまで活躍の幅も広い。




これからしばらくは豆食の日々か、と思った時に最初にイメージしたのはホムスだったが実際に食べるまでに時間がかかってしまった。



カバブとの組み合わせも捨てがたい。



ビタミン攻め



今日はビタミン攻め。


連日兵糧攻め、熱攻め、サプリメント攻めなど、ちょっと攻め疲れを感じつつの日々。


月末の血液とCTの検査まで攻め続けてそれなりの好結果を期待したいところだが、もう焦ったり些細なことで一喜一憂しなくなっている。



そろそろ先月の放射線治療で失われた体力を回復する為のリハビリを始めようと思うこの頃。


昨年は既にかなり疲れ気味だったのを自覚していたので、元気や普通の基準というのが思い出せないのが問題か。








2017/01/25

遂に

 



少し寒さも緩んだかな?と思ったらクシャミの連続と強烈な目の痒み。


花粉の季節が始まってしまったのか。



暖かくなるのを喜んでばかりもいられない。





2017/01/22

醗酵




心配していた味覚・嗅覚・触覚に障害が出なかったことは、実にラッキーなことだったと思う。


あとは声に残っている影響が解消されていくことを願っている。


食べてはいけないものは多々あるものの、食べているものの味がわかるのは何にも代え難い。


そろそろ麺をすする夢を見そうな予感もしてきたが。



治療で放射線をあてた皮膚の、放射線焼けした皮膚の角質もとれてきた。


こぶとり爺さんのように腫れていたリンパ節の腫れも引き、外見的には普通に戻りつつある。



問題の中身はどんな状況なんだろう?




醗酵食品はなるべく摂るようにしてきたが、昨秋教えられた醗酵茶の世界。



奥深い味以上に期待出来る作用が楽しみ。






2017/01/20

反乱分子



今日は米ぬか酵素温浴の日。


予定よりも早く着いたので隣でコーヒーを飲んで時間調整。



この店は40年前にも来たことがある老舗。


メニューを見て身体が暖まるかとシナモンコーヒーを頼むとホイップクリームが乗っていた。



身体の中の反乱分子はすかさず砂糖を入れろと司令を出す。


ホイップクリームにも砂糖が入っているんだよなと思いつつ反乱分子を制圧。



反乱分子は日々何かを囁いてくる。



ラーメン?スイーツ?アイスクリーム?


自分の中にこんな嗜好があったかな?と思いつつ桜餅の季節までには寛解していたいななどと思ったりしている。







2017/01/19

一筋縄では



順調だった体調もここ二日は絶不調だった。


今まで痛みを感じなかった場所の痛みから始まって、昨日は目眩と貧血症状。


やはりこの病はなかなか一筋縄ではいかないようだ。




そして臥せっていた昨日、タイムリーな救援物資が届いた。

なんと殻付きの牡蠣!


力を振り絞って酒蒸しにしてがっつりいただきました。



滋味溢れる味を堪能した結果、おかげで今日は復活!





もっと身体の声に敏感にならなくては。







2017/01/16

増量




今日の点滴から濃縮ビタミンCの量がMaxになった。


前回の点滴で痛みが消えた肩の調子も良く、痛み止めも摂らない日々が続いているのもいい傾向にある。


常に痛みを抱えながら生活してきたので、このまま痛みから解放されるとは俄かに信じ難いが期待もしている。



しかしまだまだ本調子とは言えないがかなり楽になったのは確かで病巣との関係性が気になるところ。

 
 
この二週間に点滴と温浴を詰めておりそれなりの効果と結果が見られれば言うことはないのだが。




体力の回復のこともそろそろ考えた方がいいのだろうか?




2017/01/15

米ぬか酵素温浴



今日は米ぬか酵素温浴初体験。


病気になるまでは基本シャワーのみで、温泉に行っても超烏の行水だったが、病気になってからは自宅でも毎日熱い風呂に出来るだけ長時間入るようにしている。


これは私にとって生活習慣の大変革で病気にとても効果があるように感じている。



30年程前ツアー中に別府の竹瓦温泉の砂風呂に演奏前に入って、身体がだよんだよんに弛緩してしまい演奏の時にとても困った記憶があるが、毎日の入浴で身体を緩めることは重要だと思えるようになった。



米ぬか酵素温浴は別府の砂風呂のドッスンパンチ程ではないがしっかり身体が温まり、何より米ぬか酵素が皮膚を通して解毒を促しているように感じた。



最初にこの温浴を勧められた時は、発酵させられて漬け物化するようなイメージで、ぬかみそ臭くなるのか?と想像したが違った。




今この米ぬか酵素温浴のデトックス効果にもかなり期待している。








好物が並んだ



今日のデリーダイニングのランチブッフェは好物がならんた。


ロティを選べるのもいい。




今日はこの後の初体験が楽しみ。




かなりワクワクしている。






2017/01/13

二回目のビタミン点滴




今回は前回の倍量のビタミンCの点滴だったが、音楽を聴いていたら割とあっと言う間に点滴は終わった。


通院が決まり長い待ち時間が多くなると予想されたので、以前使っていたiPhone4Sの電池を交換して音楽用に使えるようにしたのは正解だった。


おかげでかなりおさらいも出来た。






また痛み止めを止めているが今のところ大丈夫。



日々変わる体調を注意深く見極めながらの毎日にも慣れてきた。





まだまだ時間はかかりそうだ。





2017/01/12

半年越しの



昨日は久しぶりに髪を切った。


治療にかまけて伸び放題だったので、切ってみるとかなり軽くなり髪を洗うのも楽になった。


ちょんまげを結えるのも楽しかったが、何のケアもしていなかったので痛んでいたのも可哀想だった。




いずれにしても髪に意識が及ぶようになったのはちょっとした余裕かもしれない。




ところで去年の夏頃からずっと豚の生姜焼きを食べたいと思いながら、縁がなかったのか食べられる機会がなかった。



昨日は縁が繋がったのか半年越しの豚の生姜焼きにありつけた。




ついている







2017/01/09

ビタミンB群とたんぱく質




今日は今年最初の築地ガン研の診察日で、今後の治療方針について話し合う。


とりあえず月末にCTと血液検査をすることになった。



検査に向けて個人的には特に濃密な日々が予想される。


これまでの取組みで体調が改善されてきたと感じているのは勘違いか?


いずれにしてもより厳しい時間の過ごし方と節制。



あんまり柄ではないがこういう時間は嫌いではない。






先日鎌倉のクリニックで血中のビタミンB群とたんぱく質が欠乏していると指摘されたので神田でうなぎを食べた。





嫌いではない。





痛み




最近痛み止めネタばかりな気がするが今回も。


喉の痛みが無くなったので痛み止めを止めてみたら、今度は右胸の痛みが出たのでまた服用。



まるでモグラ叩きのような現状。



昨夜2錠飲んだら朝には痛みは消えていた。




そろそろこのイタチごっこを卒業したい。




2017/01/06

治療




今日は高濃度ビタミンC点滴を受けた。



これは標準治療ではないが効果が望めそうな治療法だと判断して受けることにした。


人生2度目の点滴だ。


治療としての効果も今後期待しているが、とりあえず点滴を受けた後のスッキリ感には驚いた。


元気になったような気がしただけかとも疑ってみたが、帰り道電車を降りた時に迷わず階段を選んだ。


病気発覚以来はエスカレーターを利用していたので久しぶりだった。






少しずつではあるもののいろいろ改善されてきている中で、相変わらず声が出ない日々が続いているのが残念。


約2ヶ月のハスキーボイスで最初の頃は面白がっていたがもう飽きた。



声が戻るのが治癒への一つの目安になっている。



放射線治療の影響が残ると言われた2週間が過ぎたので、次第に元来のバランスに戻ってくれることを願っている。






2017/01/05

快復の兆し?



放射線治療の影響で扁桃腺に残っていた痛みも癒えたので、再度痛み止めの服用を止めた。


肩から腕にかけての痛みもかなり改善され、今のリハビリ的な練習から本格的な練習を出来るようになるまでそれ程時間はかからないかもしれない。


今まで約2ヶ月間痛みとつきあってきたせいか、痛みの無い状態が想像出来なくなっている。


日常生活の中で座ったり寝たりする際も、今まで痛みから限られた姿勢しかとれなかったがそれもかなり改善された。


目標はもちろんガン細胞全員解散を目指しているが、やはり痛みから解放されストレスなく楽器を弾ける状態が当面の課題。


少しずつではあるが症状は好転しているように思える。



このままうまくいけば最終的な快復に至るかもしれない。








2017/01/03

改善



私のケースではやはり生活習慣によって体内に散らばっていたガン細胞が集合してしまったと思われる。


食生活の偏りを始めとした様々な習慣を、変えて正しく固定していくのにはかなりの労力が必要だ。


病状の報告をしてから多くの方々からそれぞれ情報を寄せていただき、自分なりに実行可能なこと・継続出来そうなことを選んで約1ヶ月実践してみた。


これまでのあまりに無頓着な生活から一転、ここ数週間で身体は確実に変化しそれが実感されてきた。


こういう習慣がしっかり身体に馴染み定着させるには、それなりの時間が必要で気長に取り組むしかない。





そして、今までの改めるべきことは全て改めなければと思い、生活習慣に限らず仕事に関しても、仕事の受け方・スケジュールの組み方もよくよく考え直して改めようと思っている。







初インド飯








治療生活に入ってから約三週間続けたベジタリアンの日々も一定の成果が見られたので、糖質以外の制限を緩めることにした。


食事療法以外にも体質改善の試みの影響もあってか頸部リンパ節の腫れはかなり縮小し、腕・肩の痛みや痺れも消えていよいよ楽器を弾ける身体に戻すトレーニングに移ろうとしている。


楽器の練習や演奏も身体との会話のように感じてきたが、病気になってより踏み込んだ会話をするようになった気がする。


時間をかけて楽器を弾ける身体に戻すために植物性たんぱく質と動物性たんぱく質をバランス良く摂っていくように心がけたい。


かつての生活態度や食生活を反省しつつ、これからの時間の過ごし方を考えていかなくてはと思う2017年初頭。


デリーダイニングのインド飯でバランス感覚を養おうと思う。








しかし糖質制限は禁酒よりはるかに堪える。





酒も糖質だけど



2017/01/01

謹賀新年 2017




本年もどうぞよろしくお願いいたします。