2018/06/11

退院




人生初の救急車に乗せられ病院へ搬送されて、一週間足らず治療を受けてなんとか退院出来た。




先月末から若干の体調の不調を感じでいたが。それがあっという間に坂道を転がり落ちてしまった。




今回は初めての症状で循環器内科の先生に治療してもらった。




胸や身体を押さえつけられるような息苦しさを感じていたので心筋梗塞かと疑ったが、心臓の周りに水が800ccほど溜まってしまい心臓を圧迫したということだった。




生まれて初めて救急患者になってみて、救急隊員の無駄のない的確な判断と行動にはうすらぐ意識の中でもとても驚かされた。




そして救急病院での的確な原因究明と処置には他人事のように感心した。




いろいろな血管から採血されたり、心臓の周りに溜まった水を抜く針を刺されたりあれよあれよと言う間に治療処置された。




一旦落ち着くとさっきまでの苦しみは一体何だったのだ?、と思えるほどスッキリした。




この数日の容態の変化は忘れられない。





次回このような症状を感じたらすぐに気づくかもしれない。