2018/11/20

野菜シチュー




今日は外来診療の日、前回のキートルーダ投与の後の3週間は、今までにないきつい副作用の日々を過ごした。




1回スキップしたせいだろうか?




他にはあまり考えられる要素がないのでかなり困惑した。





今日はいつものように病院に着いて採血とレントゲン撮影を終えた後、時間があったので昼食場所を探しに銀座方面まで久しぶりに歩いた。




治療を始めた当初ホテルに泊まって連日放射線治療を受けていた時、体力的にかなり弱って途中休みながら3時間位かけて歩いた距離が、あまりに短かったことに改めて驚いた。




食べようと思って行ったお店は結局定休日で、病院に戻る途中の台湾系中華のお店で昼食を済ませた。






今回あまりに副作用がきつかったので、ふと思い出して野菜シチューを作って食べてみた。




コルカタでいつも世話になっているグルバイのお母さんが、かつて毎日夕方に作っていたビーツを使った野菜シチュー。




ビーツ以外にはジャガイモ・人参・玉ねぎ・カリフラワーなどが入り、塩胡椒とバターで味つけしたとてもシンプルなもの。




ビーツで真っ赤になったスープが印象的で、通常ならば毎日食べていれば胃腸は快調になる。




ビーツは普段あまり見かけないので通販で買い、他の野菜はスーパーで手に入るものでいい。




味のベースはビーツでバリエーションは他の根物野菜を変えて飽きないようにする。




写真に撮った最初のシチューは、ビーツ・玉ねぎ・ジャガイモ・人参・トマトを使った。






今日撮影したレントゲンの映像を見ると、胃腸にガスが溜まってパンパンに膨らんでいた。





結局今日はキートルーダ投与はスキップ。





少し症状は改善するだろうか?