2021/04/17

外来 33回目のキートルーダ投与

前回初めてのキートルーダ倍量投与をしたので6週間ぶりの外来診療。




軽く恐れていた副作用は前と変わらず、痒みと若干の膨満感で済んだので、久しぶりの演奏にも支障無くて助かった。




3週間おきから6週間おきに変わると通うのも減って楽になる。




報告することも減ってきた。





順調

2021/04/04

4月17・18日 いのちぐるぐる祭

一昨年に引き続き長野でスワスティカのイベントで弾かせていただきます。



今回は高山村の 和美の桜 の下での演奏です。



前回にも増して盛りだくさんで楽しみな公演です。




無料公演ですが入場制限のある予約制ですのでどうかご注意ください。

2021/03/08

外来 32回目のキートルーダ投与

3週間経ったので病院の日。




体調も安定して良い状態が続き、兼ねてからの懸案事項だったキートルーダ倍量(6週間分)を投与した。



3月は久しぶりのライブもあるので時間的にも助かる。




これまで化学療法の担当看護師さん達に、既に倍量投与した人達の副作用の情報などを沢山聞いてきてきて、大丈夫そうと判断して初挑戦。



今は副作用も蕁麻疹だけになったのでそれほど懸念材料もない。




しかし倍量ということで時間も倍かかるのかと思っていたら、いつもと同じ時間で点滴は終わり拍子抜け。



薬の濃度が倍量になったということで納得した。



これで投与は6週間置きになったので、病院へいく回数も減って接触の機会も減る。





今月はライブも控えているので外来前に、新橋駅近くの新型コロナPCR検査センターに寄って検査。




翌日にメールで陰性の通知を受けました。





既にお席の無い公演もあります。




皆さまと本当に久しぶりに、お会い出来るのを楽しみにしています。




どうぞよろしくお願いいたします!

2021/02/13

外来 31回目のキートルーダ投与

今日はCT検査の待ち時間が長くなり、病院の食堂のランチタイムにギリギリになってしまい、化学療法を終えて帰る頃には病院も静かになっていた。




血液検査・CTとも大きな異常はなく通常量のキートルーダを点滴して帰った。

2021/02/09

3月ライブのお知らせ

久しぶりのライブ情報です。




長く関西の活動拠点のように毎年演奏させて頂いてきたSTUDIO73が閉館されることになり、3月14日と28日の両日弾かせていただくことになりました。





私自身ライブからは1年以上遠ざかっていたのでやりたいことは沢山ありますが、一応2回の公演で自分自身のルーツから今までをざっとご紹介出来ると思います。




引退公演のようですが、まあ折り返しという意味合いでしょうか。



お楽しみいただきながら自分自身でも楽しめるライブで、STUDIO73に感謝を伝えたいと思います。






昨今の事情を鑑み今回は完全予約制の公演です。

ご注意ください。





当日は長らくご無沙汰しました皆さまとお会い出来るのを楽しみにしています。





詳細はホームページからご確認ください。



2021/01/16

外来 30回目のキートルーダ投与

正月を挟んでの4週間。



体調の波は無く安定的に胃腸の違和感だけを感じる日々だった。





運動機能に関してはほぼ元に戻った。




自分自身が感覚的に最も正確と思える楽器を持った時に感じる重さや硬さも、ほとんど以前の感覚を取り戻しているように思える。





前よりも上手くなりたいという気持ちもついてくるようになった。




ここまで4年かかったが長かったのか短かったのか。




楽器を元の感覚で弾けるようになるとは、当初全く想像していなかったことだ。




楽器の音が変わったことは驚きで、やはり身体も楽器の一部として共振していることの証明かもしれない。




自宅の体重計で計ったレベルだが、体重はほぼ戻ったが体脂肪率の違いが音質に影響を与えているのだと思う。





こういう変化を見つめるのは愉しみに満ちている。

2021/01/01

2021

明けましておめでとうございます



本年もどうぞよろしくお願いいたします